理性と感性

今日本に不登校児は12万人いると聞きます。

嫌いな先生がいる。
やりたくないことはやりたくない。
昔からの「みんな一緒に」が苦痛な子供たち。

そんな子供たちは自分の「感性」を大切にしている子供たちなのかもしれません。

「感性」とは、
「なんだかわからないけど嫌な気持ち」
「ザワッとする」
「ワクワクする」
など、0.1秒で感じる気持ち。

それに対して「理性」は、
「感性」で感じた問題を処理してために生まれたもの。
「我慢するべき」
「合わせるべき」
「頑張るべき」

動物も人間も持っているものが「感性」
人間だけが持っているものが「理性」
なので長い間「理性」に従っていきるのが正しい人間のあり方だと信じられてきました。

けれど、それによって人類は幸せになるどころか、年々生きづらさを感じている人が増えています。

「みんな同じであるべき」
という理性のもと、特定の人を排除するイジメ。

「幸せになるために、いい学校に入って一流企業に就職するべき」という理性のもと
子供を追い詰める家庭。

「理性」も「感性」もどちらも大切ですが、順序が逆になってはいけないのです。

まずは、

0.1秒で感じる「感性」があって、「理性」で処理する。

魂の欲求に素直に従えば、勉強でも運動でも、もっと楽しく喜んでできるようになるのです。

「理性」が先になると、心が感じたことを無視し続けることになる。
自分が満たされない状態が続きます。
そうして、学校に行けなくなってしまうのです。

だから「問題児」はある意味、学校が作った規則や、その他大勢の意見に雷同しない、
自分自身の「感性」を大切に生きている子供なのかもしれません。

まずはお子さんの感じたことや気持ちを認めてあげる。

「理性」を使うのはそれからです。
この順序が逆になってはいけません。

これからの社会や私たち大人は、
これまで封じていた「感性」の重要性に、もっともっと気づく必要があるのだと思います。

まずは自分で自分の「感性」にきづき、自分自身を満たすことから。

*このコラムは香港ポケットページ2017年5月に掲載されました。


いつでもどこでも。
1日5分動画を見るだけ。

気持ちのブレない母になる
e-Learningコースができました。

「イライラママから愛されママへの3ステップ」

今だけ無料公開中♪

メールアドレス ※必須

※ メールアドレスのお間違いにお気をつけください。