和僑会アジア大会〜仲間とビジョンを共有する〜

熱い熱い和僑会アジア大会が無事終了しました。

この日のために何ヶ月も前からメンバーで

つくりあげてきたイベントです。

上海国際輸入博覧会と日程が近く、

外灘に大幅な規制が入り前日に予定していたお店が

使えなくなるというハプニングが起きました。

前日ですよ。前日~~。

まさに中国あるある!です。

この日のために

香港、シンガポール、北京、深セン、東莞、ヤンゴン、日本各地から

約100人近くの方が集まるというのになんてこった~!!

しかし、流石皆様ダテに毎日が激動、ハプニング続きのこの国に長い間住んでおりません。

たった3時間でそれぞれの人脈をフル活動しまして、

見事開催にこぎつけました。(私は何もしてません笑)

実は私、〇〇会というものに少し苦手意識がありました。

以前はそれなりに顔を出していたのですが、

どうも連帯感とか、仲間といいうものになんとなく疲れて気づくと

自然に縁が切れていたということがよくありました。

和僑会にお誘い頂いたときも、自分自身のことで精一杯なのと

上記のような理由でお断りしておりました。

「海外に住む日本人が困った時に思い出せる場所」

「できるときにできることを」

そんな皆様の自然体で無理のない姿勢を受けまして

今回の大会では、「STR大交流会」

「スピンオフ企画~高校生VS一流ミュージシャン交流会~」

を担当させていただきました。

複数の人が集まると、

新しいものが生まれ一体感がうまれることもありますが、

誤解や対立を生むこともしばしばです。

大切なのは「ビジョン」を共有できているかどうか?

集まってくれたボランティアのみなさんに

「どの仕事を受け持つことができますか?」と尋ねる私に、

和僑会の説明と、「この大会で何がしたいのか?」を尋ねる会長。

今回参加くださった高校生、大学生ボランティアの皆様も

何かを感じてくださったことと思います。

時間をかけてビジョンを共有して、

「自分ごと」として集まった仲間だからこそ、

数々の障害をチャンスに変えて助け合いながら

楽しみながら大会を運営することができたのだと思います。

強がって、誰にも頼らず1人で走ってきた私は、

ここで改めて立ち止まることができました。

自分1人ではなにもできない。

それぞれの力が合わさると大きなうねりになる。

最終日のライブ

ジプシークイーンの「和橋の風になれ」

サンプラザ中野くん、パッパラー河合さんによる「RUNNER」

を聴きながら涙が止まりませんでした。

仲間っていいなの涙です。

和僑会の皆様、講演者の皆様、アーティストの皆様、

ご参加いただきました皆様、ご協力いただきましたすべての方に

心から「ありがとうございました」

世界に広がれ和の語り部たちよ。
海を越えて新しい街に飛び込め。
世界に広がれ和のさきもりたちよ。
空を超えて新しい扉開けて。
(中略)
日本を拡げよう。
〜「和僑の風になれ」ジプシークイーン


メルマガ登録

コメントを残す