〜STORY〜

大学心理学部卒業後、広告代理店を経て大手英会話教室マネージャーを経験。

半年で全国180校中トップに。

最下位校の立ち上げを任されエリアマネージャーとなる。

24歳で管理職登用。関西支社の人事採用、研修を任される。

結婚後、神戸→愛知→北京→愛知→上海と移動

社会福祉士取得、結婚式司会、葬儀司会、フラワー教室2校経営、パーソナルカラー講師など環境や家族に合わせてその時々できることを模索するも、転勤に伴い中断される生活に戸惑いを覚える。

愛知で長男、北京で次男、三男を出産。

日本と中国で子育てを経験し、「子育て」という人を育てる一大事業に頼れるものが少ないことに愕然とする。

心理学、コーチング、統計学、風水など学んできたことや経験を友人に話していたことが連続講座になり、口コミだけで200人を超える受講生を持つ「ままサプリ」が誕生。

一般社団法人mother earthを立ち上げ、各種セミナー、子育て相談ラジオ「ままサプリ」、子育てコラム執筆など、「ままの笑顔が世界を変える」をコンセプトに活動中。

〜MESSAGE〜

幼い頃からこだわりが強く、好き嫌いがはっきりしていて内観型の長男と、何にでも興味があり行動的で3歳児検診で「多動症」の疑いありと言われた次男、次男と年子でマイペースで泣いたり笑ったり感情豊かな三男。

個性的な三兄弟を試行錯誤しながら育ててきました。

やりたいことしかやらない長男、車から降ろすと右と左に走って行く次男、三男。

毎日が闘いでした。

長男に付き合って出かけた川で、三男が転落し助けている時に次男が軽トラに轢かれたあの日、
1人で3人を育てるのは無理と泣きました。

のちに、私が軽度のADHD、長男がアスペルガー、次男は多動症の傾向があると診断されました。

現在長男は18歳。大学生になり好きなバンド活動をしながら日本で1人暮らしを謳歌しています。

次男は、14歳多動傾向があったとは思えないほどすっかり落ち着いて、お兄ちゃんに憧れ日本の高校目指して頑張っています。

個性的な3人の子育てはまだまだ試行錯誤ですが、「障害」(私は個性だと思っています)のあるなしに関わらず、大切なのは「自己肯定感」を育てることだと思っています。

その子の持つ「素質」を認め、「ありのまま」を認める子育て。
それは子供がどんな状況に置かれても、どんな形であったとしても
「この子は幸せになる力も持っている」と信じることができること。

お母さんの「無償の愛」を受けて育った子供は太くて長い根を張ります。
それがこれから人生の荒波を渡って行く子供たちへの最高のプレゼントだと思うのです。

〜【資格】〜

○社会福祉士
○コーチング魔法の質問認定講師
○宇宙生命学(統計学)認定講師
○NLP心理学ビジネスマスタープラクティショナー
○STR(適応素質理論)マスター
○親業コーチング修了
◯エニアグラム修了
◯中国風水上級修了
◯レイキlevel4修了

〜Mail Magazine〜